ブログ

ジャック・アタリの未来予測

歴代フランス大統領の知恵袋ジャック・アタリが未来を予測したもの。協調から国家主義への変遷をEU、アメリカ、中国の台頭など世界のバランスが変わってきたこと。しかし中心はやはりアメリカであるが、アメリカの国家主義、中国との対 ≫ 続きを読む


物語 パリの歴史

今年になって読んだ本音律と音階の科学作曲の科学ウェストファリア体制レオナルド・ダヴィンチ(ミラノ宮廷のエンターテイナー)帳簿の世界史 パリやフランスが係わる歴史がずいぶん出てきたので、パリの通史として期待して読んだ。 結 ≫ 続きを読む


世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

マインドマップの講義でよく言う脳のいろいろなところ(全脳)を使って物事を考えるということを昨今の経営やコンサルティングビジネスであるように、論理だけではカバーできないことがあると言っている。 千利休の美意識と織田信長、豊 ≫ 続きを読む


韓国を支配する「空気」の研究

韓国に留学して現地特派員として現地の韓国人とも親しい間柄で過ごした著者が感じる「空気」 著者は朝日新聞の韓国特派員としてどのようなものの見方をするのか、興味深く読んでみた。 慰安婦のことになると流石に朝日臭が少しでたなと ≫ 続きを読む


アルゴリズム フェアネス

アマゾンで本や家電、文具などを検索して、その結果購入したり或いはしなかったりすると、必ずWEBページのどこかで検索したものに関連する商品がポップアップして出てくる。 グーグルの情報提供も同様でこれはアルゴリズムを駆使した ≫ 続きを読む


スピードリーディング講座実施

小学生2名を含むスピードリーディング講座を実施しました。全員が最初に行った現状チェックから設定した目標を達成しました。 従来の読書に対する思い込みから解放されて、進捗プロセスうと最終的にはこのチャートのような実績になりま ≫ 続きを読む


読後感 「頭がいい」の正体は読解力

OECDが15歳を対象に3年に1回行う学力テストPISAの結果で、読解力に於いて日本が28位だったことがわかった。その他にデジタル機器の効果的利用でも低調であることがわかったとのこと。 デジタル機器の効果的利用は少し矛盾 ≫ 続きを読む


7つの習慣(読書)

大学でキャリアデザイン講座を担当しているが、久しぶりに7つの習慣を熟読してみた。新しい翻訳になってからお守りのように持っていただけであったが、実際に読んで書いてみると明らかに旧書よりもイメージが拡がる。


Tony Buzan RIP

マインドマップⓇの開発者トニー・ブザン氏が4月13日亡くなられました。つい先日トニーは100歳までの人生設計をしていると友人と話していたのに・・・ マインドマップⓇを始めたのは1992年からですが2007年にトニーのマイ ≫ 続きを読む


読書 なぜ科学はストーリーを必要としているのか

ハーバード大学で博士号を取得して、30代でニューハンプシャー大学の教授になりテニュア(終身在職権)を取得した著者が、ハリウッドの映画学校に入学して、監督・脚本家を目指した。 なぜ? 科学者の多くは人に伝えると言うことが下 ≫ 続きを読む