Good Lifeを再定義する

Pocket

メキシコ人漁師とハーバード大卒のコンサルタント

メキシコの海岸沿いの小さな村にアメリカのビジネスマンが訪れた。そこで若い漁師の小さなボートの中に上等なキハダマグロが獲れているのが見えました。

メキシコの気持ちの良い太陽を浴びながら、アメリカ人はメキシコの若い漁師に聞きました。

「どのくらいの時間をかけてその漁をするのですか?」

「ああ、数時間だよ、セニョール」メキシコの漁師は答えました。

「まだこんなに日が高いのだから、どうしてもっと長く海に出て、魚を獲ろうとしないのですか?」アメリカのビジネスマンは尋ねました。

メキシコは微笑みながら、「これで私は家族を養うのに十分な漁を獲っているんだよ、セニョール」と答えました

ビジネスマンはその後、真顔になっていった。「でももう少し頑張って漁をすればいいのに、」

若い漁師は笑顔で応えた、「私はのんびり寝て、私の子供たちと遊ぶ、ボールゲームを見て、妻とシエスタを楽しむ」と答えた。「時々夜村の友人と会って、ギターを弾いて一緒に歌うのがたのしいんだよ、セニョール」。

アメリカのビジネスマンは、「私はハーバード大学を卒業してMBA取得したんです。私はあなたの生活をより有益することができます。もう少し漁をすれば、もっと魚が釣れる。それを売れば、もっとお金を稼ぐことができます。そのお金でもっと大きな船を購入して、更に人を雇って、もっと稼ぐことができます。」

「それで?」と漁師は聞きます。

彼はさらに熱く語った、「私が仲介して捕れた魚を販売することができます、あるいはあなた自身が缶詰工場を設立して製品の、加工・流通をコントロールするのですよ。あなたはこの小さな海岸沿いの村を残して、事業を拡大して、メキシコシティ、ロサンゼルスやニューヨークに移り住むことだってできます。」

メキシコの漁師は、尋ねた「しかし、それをやるのにどのくらい時間がかかります?」

ハーバードMBA得意になって事業計画を素早く頭の中で計算して、「おそらく約15〜20年。」、と応えました。

「それからどうするの、セニョール?」漁師を尋ねました。

「なぜ、ここからが最高なんですよ!」笑いながらビジネスマンは答え。「いい頃合いを計って、あなたの会社の株式を売却して、巨万の富を得るのです」

「巨万の富を得る?本当に?私はそれからどうするのですか?」若い漁師は尋ねました。

アメリカのビジネスマンは最後に「その富を得て、悠々とリタイアするんですよ」と誇らしげにいった。「孫と遊ぶ、朝はゆっくり起きて、ボールゲームを見て、奥さんと昼寝を取ることができる、のんびりとした海岸沿いの漁村に移住するんですよ。あなたがギターを演奏し、お友達と好きな歌を歌い、村に遊びにでて夜を満喫できますよ。」

この話の教訓は、真の生活(Good Life)を知ることで、それは意外とあなたが考えていることよりもそれが近くに見つけることができるということかもしれない。