ブログ

アルゴリズム フェアネス

アマゾンで本や家電、文具などを検索して、その結果購入したり或いはしなかったりすると、必ずWEBページのどこかで検索したものに関連する商品がポップアップして出てくる。 グーグルの情報提供も同様でこれはアルゴリズムを駆使した ≫ 続きを読む


読後感 「頭がいい」の正体は読解力

OECDが15歳を対象に3年に1回行う学力テストPISAの結果で、読解力に於いて日本が28位だったことがわかった。その他にデジタル機器の効果的利用でも低調であることがわかったとのこと。 デジタル機器の効果的利用は少し矛盾 ≫ 続きを読む


7つの習慣(読書)

大学でキャリアデザイン講座を担当しているが、久しぶりに7つの習慣を熟読してみた。新しい翻訳になってからお守りのように持っていただけであったが、実際に読んで書いてみると明らかに旧書よりもイメージが拡がる。


Tony Buzan RIP

マインドマップⓇの開発者トニー・ブザン氏が4月13日亡くなられました。つい先日トニーは100歳までの人生設計をしていると友人と話していたのに・・・ マインドマップⓇを始めたのは1992年からですが2007年にトニーのマイ ≫ 続きを読む


読書 なぜ科学はストーリーを必要としているのか

ハーバード大学で博士号を取得して、30代でニューハンプシャー大学の教授になりテニュア(終身在職権)を取得した著者が、ハリウッドの映画学校に入学して、監督・脚本家を目指した。 なぜ? 科学者の多くは人に伝えると言うことが下 ≫ 続きを読む


2月の読書

2月は集中的に読書をする月です。それはメインの道路舗装資材販売がほとんどないことと、大学の講座が1月で終了することで自分の時間が増えるからです。 読んだ書籍は、「いちばんわかりやすいインド神話」「メモの魔力」「日本進化論 ≫ 続きを読む


挑戦と継続 河本耕平氏 講話

2月13日(水)銀行に新年会での講話 講師のことは全く知らずに聞きましたが、地元にもすごい人がいるんだなと言うこと。1979年生まれでバタフライの競泳選手。2008年に日本記録を樹立して2009年に再度日本記録を更新。ず ≫ 続きを読む


メモの魔力  (読書)

前田裕二(著) 著者はどんなときでも目元とると言うことを怠らない。 その書き方は日付 ファクト 抽象化 転用に全て分けている。 マインドマップⓇでやっていることと非常に親和性がありますね。まずファクト(事実を抽象化する) ≫ 続きを読む


もっと 言ってはいけない (読書)

タイトルから何を言っているんだろうと思いながら読みました。 内容は遺伝子と人間、人種、知能、性格の話。この著者の本は初めて読んだのですが、数値に基づいているような内容ですが、どうもこの数値の客観性がいまいち不明。 ただ過 ≫ 続きを読む


読んでみたインド神話    (読書)

何故インド神話を読もうと思ったかというと、そのきっかけが「ボヘミアン・ラプソディー」ご存じクイーンのフレディー・マーキュリーの自伝が放映されたのがきっかけ。 といって私はまだ映画は見ていない。何故見ていないかというとフレ ≫ 続きを読む